2010年10月24日

低価格タブレット

最近、低価格のタブレットが増えている。
価格帯としては、大体100$程度で、ほぼすべてが Android を搭載している

Android である場合の利点は以下
• OSから Dalvik VM まではほぼ品質が予想できるので独自OSのものと比較すればつかえることがわかっている
• Android SDKが提供されているので、アプリ作成やテストが可能
• SDKにより、フラッシュの書き換えやファイルの移行などが標準化されている
• 日本語がデフォルトで利用できることがほぼ確実
• 日本語入力などは既存のアプリが利用できる
• その他 Android Market との接続ができればアプリが利用可能

一方で Android で hack する際の課題は以下
• ソースコードが公開されない部分が多数ある
• ソースコードが公開されないまま放置されている例も多く、hack の途中で行き詰まってたらそれで終わるのかもしれない ... ということで不安もある

HWのスペックの特徴としては以下:

• インプットデバイスとしては感圧式
• ほとんどが感圧式の画面インターフェイスである
• GPSは無いと思った方がよい
• 内蔵フラッシュのサイズは期待できない
• マイクロSDのインターフェイスは存在する
• Wifiは有り、

以下は分かるレベルでのスペック

名前  スクリーンサイズCPU 価格 RAM 内部ストレージ 
apad  7’Rockchip 2808a 144.99$   
EKEN M0017' VIA WM8505  102$   
EKEN M0027' VIA WM8505147.53$   
EKEN M003 8' VIA WM8505 135$ 128M  2G
Pandigital Novel7' Samsung 1009PDN 169.99$ 256M  

注意:Android のバージョンによってはマルチタッチはできない。ソフト的には Android でマルチタッチが可能なのでは 2.1 update 1 からであり、1.6 ではマルチタッチは無理。またハードウェア的にはタブレット側にも複数点を感知するインターフェイスがなければ使えない。(もう少し調査してみよう)

posted by tshibata at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Android
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41464431

この記事へのトラックバック