2011年03月19日

CyanogenMod7 RC2 でループ

CyanogenMod RC2 をNexsus One にインストールしたらブート時にループした件は Radio イメージが古いことを発見し無事使えるようになった。しかし、その後シャットダウンから復元しない問題が発生。
この問題は、とりあえずはバッテリーがなくならないのであればよかったが、なかなかそうもいかない

... そのまえに、問題と回避方法をまとめておく。

問題:ブート時にループする。症状としては、CyanogenMod のブート画面がでて、矢印が Droidのまわりをずーーっと回り続ける。このことは Bootloop と呼ぶらしく、いろいろなところで発生している。

対応策:結局ブート時なので何もできないから、裏面をはがして、バッテリーを取り出すしかない。その後、Recovery に入り( 電源ボタンと下ボリューム同時押しで)、data と cache をそれぞれクリアした後、再ブートすると今度はループしないで立ち上がる
当然、こうするとWifi のパスワードやSymカードの設定などはなくなってしまう。

問題としては、上のようにしてなくなってしまったデータは Titanium backup でリストアすれば完璧だ、と思っていたが、どうもそれによって、アプリとデータをすべて元に戻してしまったのが原因だった。

http://wiki.cyanogenmod.com/index.php?title=Latest_Version/Google_Apps

によれば、CyanogenMod7 のGoogle apps とCM6 のGoogle apps は別のようなので、CM7 に古いGoogle apps を戻してしまうと再ブート時にループするみたい。
れに気がついて、  Titanium backup では選択的にリストアすることにし、 Google apps は上のサイトからインストールするようにした今度は再ブートしてもループしなくなった。


posted by tshibata at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Android

2011年03月13日

CyanogenMod 7 RC2のインストール

NexusOne ではすでに GingerBread のOTAが出ているが、私の場合には CyanogenMod 6 をインストールしてあり、CM6 を元に戻して自分で GingerBread を入れてもよいのだが、CM7 RC2 が出たのを機会に直接 CM6-> CM7 にすることにした

で、最初にすることはバックアップ。

Titanium Backup でとりあえず、全部のアプリと全部のデータをバックアップ。
その後、 Rom Manager でやってくれ、とお願い、そうすると ClockworkMod Recovery を導入するように言われたので、そのままOKしたところ、エラーになる。ネットワークがダメかSDが足りない、と言われるがどちらもOKのはず。
いろいろ考えてみたところ、CM6 を入れた時には  Amon_RA Recovery が入っているのが問題みたいだと推測。
仕方が無いので、  ClockworkMod Recovery を自分で導入。やり方は
http://wiki.cyanogenmod.com/index.php?title=Nexus_One:_Full_Update_Guide
を参照したら自分で flushしろとあるので fastboot で無理やり flush。やり方は Amon_RAのところに書いてある。

次に Rom Manager で CM7 RC2 をゲット、インストールしてやれやれ、動いた。と思ったらリブートすると最初の画面で矢印がぐるぐる延々とまわり続けてしまう。おかしい
もう一度上の文書を読んでみたら、radio イメージが古いかもしれん、と思い入れ替えを試みる

update.zip の名前にして、SDに入れ ClockworkMod Recovery で SDからインストールしようとしたら、今度は update.zip のフォーマットが古いのでもうサポートしていない、とかエラーが出た。

この問題も悩んだけど、結局 update..zip を開いて radio.img を直接 fastboot で書き込むことに。

で、最終的には CM7 RC2 になった。

posted by tshibata at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Android

2011年03月06日

USBシリアルケーブル

秋月電子のUSBシリアルケーブルを Ubuntu 10.10 で使ったのでメモ

購入したのは M-02746 USB-シリアル変換器 というもので 900円だった。
購入したものには、変換ケーブルと説明シート、ドライバCDがあった。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02746/
を参照すると、 prolific社 PL2303 を使用しているとある。
これだと Linux では標準でドライバが多分あるだろうと想像。

で、このケーブルを Ubuntu 10.10 で接続し、dmesg


[14606.001035] usb 2-1.2: new full speed USB device using ehci_hcd and address 6
[14606.755022] usbcore: registered new interface driver usbserial
[14606.755029] USB Serial support registered for generic
[14606.755044] usbcore: registered new interface driver usbserial_generic
[14606.755045] usbserial: USB Serial Driver core
[14606.768636] USB Serial support registered for pl2303
[14606.768653] pl2303 2-1.2:1.0: pl2303 converter detected
[14606.772390] usb 2-1.2: pl2303 converter now attached to ttyUSB0
[14606.772407] usbcore: registered new interface driver pl2303
[14606.772410] pl2303: Prolific PL2303 USB to serial adaptor driver

上のように、/dev/ttyUSB0 として認識されていることが判る。
さらには、lsusb はこのように教えてくれる。


# lsusb -v

Bus 002 Device 006: ID 067b:2303 Prolific Technology, Inc. PL2303 Serial Port
Device Descriptor:
  bLength                18
  bDescriptorType         1
  bcdUSB               1.10
  bDeviceClass            0 (Defined at Interface level)
  bDeviceSubClass         0 
  bDeviceProtocol         0 
  bMaxPacketSize0        64
  idVendor           0x067b Prolific Technology, Inc.
  idProduct          0x2303 PL2303 Serial Port
  bcdDevice            3.00
  iManufacturer           1 Prolific Technology Inc.
  iProduct                2 USB-Serial Controller
  iSerial                 0 
  bNumConfigurations      1
  Configuration Descriptor:
    bLength                 9
    bDescriptorType         2
    wTotalLength           39
    bNumInterfaces          1
    bConfigurationValue     1
    iConfiguration          0 
    bmAttributes         0xa0
      (Bus Powered)
      Remote Wakeup
    MaxPower              500mA
    Interface Descriptor:
      bLength                 9
      bDescriptorType         4
      bInterfaceNumber        0
      bAlternateSetting       0
      bNumEndpoints           3
      bInterfaceClass       255 Vendor Specific Class
      bInterfaceSubClass      0 
      bInterfaceProtocol      0 
      iInterface              0 
      Endpoint Descriptor:
        bLength                 7
        bDescriptorType         5
        bEndpointAddress     0x81  EP 1 IN
        bmAttributes            3
          Transfer Type            Interrupt
          Synch Type               None
          Usage Type               Data
        wMaxPacketSize     0x000a  1x 10 bytes
        bInterval               1
      Endpoint Descriptor:
        bLength                 7
        bDescriptorType         5
        bEndpointAddress     0x02  EP 2 OUT
        bmAttributes            2
          Transfer Type            Bulk
          Synch Type               None
          Usage Type               Data
        wMaxPacketSize     0x0040  1x 64 bytes
        bInterval               0
      Endpoint Descriptor:
        bLength                 7
        bDescriptorType         5
        bEndpointAddress     0x83  EP 3 IN
        bmAttributes            2
          Transfer Type            Bulk
          Synch Type               None
          Usage Type               Data
        wMaxPacketSize     0x0040  1x 64 bytes
        bInterval               0
Device Status:     0x0000
  (Bus Powered)

posted by tshibata at 22:00| Comment(47) | TrackBack(0) | Linux