2009年10月28日

特許とオープンソースソフトウェア(2)

Bilski訴訟に関して、FSFも米国最高裁判所からの依頼に答えて、ソフトウェアのアイディアは特許にすることはできないという文書をだしている。

http://www.fsf.org/news/bilski-supreme-court-brief

この中で参照されているESP(End Software Patent)のグループではソフトウェア特許の問題に
関する調査報告や swpat.org のwiki サイトなどを公開してソフトウェア特許に関する問題の解決に
勤めているとある。
http://endsoftpatents.org/home-page
http://en.swpat.org/wiki/Main_Page

また、最高裁に提出したドキュメントについては以下。

http://endsoftpatents.org/amicus-bilski-2009

この中の Summary of Argument の最後には,
情報処理のアルゴリズムは特許法の範囲外におかれるべきであり、
そうでないと最近の産業界はソフトウェアを広く利用しているので一般の企業が
訴訟のターゲットにされたり、またリスクが増大するなどの問題がある、
というような意見がある。(文章がうまく要約しきれていない可能性あり)

このような背景を知っておくと以下のニュースについても少し理解できるかも、
http://sourceforge.jp/magazine/09/10/05/0230216

ESPについては以下のニュースもある
http://sourceforge.jp/magazine/09/02/25/0225219

これらえの動きの前には、2008/12にOINがLinux Defenders を立ち上げ、
さらに Peer to Patent と Post-Issue Perrt to Patent のようなポータルによって
特許システムの不明確さを緩和するという動きがあったが、さらに直接的な動きに変わってきている
ように思える


Bilski訴訟の内容については以下がわかりやすい
http://techon.nikkeibp.http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080428/151121/co.jp/article/NEWS/20080428/151121/
posted by tshibata at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux

特許とオープンソースソフトウェア

ビジネスモデルの特許性に関して争っている Bilski 訴訟に関連して RedHat がソフトウェアを特許の対象から除外するように求める意見書を出している。
http://press.redhat.com/2009/10/01/asking-the-supreme-court-to-address-the-problem-of-software-patents/

RedHat の提出した意見書は以下から読める:
http://www.redhat.com/f/pdf/rh-supreme-court-brief.pdf

この中で、

Software is an abstract technology, and translating software functions into patent language generally results in patents with vague and uncertain boundaries. Software products are often highly complex, created by combining hundreds or thousands of discrete (and potentially novel) elements in a cumulative process. Because the boundaries of software patents are exceedingly vague and the numbers of issued software patents is now enormous, it is virtually impossible to rule out the possibility that a new software product may arguably infringe some patent.

のようにソフトウェア特許の問題を指摘し、それによるリスクが増加しているとしている。さらに、

It also offers an opportunity to reaffirm the rule, supported both by case law and by sound policy, that computer software is among the types of abstract subject matter that are not patentable under 35 U.S.C. § 101. The machine-or-transformation test set forth in the decision below is fully consistent with this Court’s prior case law regarding the patenting of abstract ideas. The Court should adopt this test and make clear that it excludes software from patenting.

と書いている。最後の一文は明確に、ソフトウェアは特許の範囲から除くべき、としている。
posted by tshibata at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux